【情報整理術】Evernote→Catch Notes→アップル純正メモアプリ 巡り巡っても答えは出ない

スポンサーリンク
情報整理術

jmatsuzakiさんのこのブログエントリーに触発されて。

Evernote vs Notion vs ScrapBox vs Roam Research vs Obsidian | jMatsuzaki
私の愛しいアップルパイへ メモアプリ、ノートアプリというのは私たちのような高度な頭脳を駆使する仕事が求められる夢見るリアリストにとっては、相棒のようなものです。 私も数々のメモアプリ、ノートアプリを使ってきたつもりですが、シンプルでエレガントなメモ環境を構築するのは決して簡単なことではありません。

自分の遍歴としては結構前にEvernoteに愛想をつかせて、その後に乗り換えたのがCatch Notes。抜群に使い勝手が良いと感じてたんだけど、それほど持たずディスコン。しばらくしてアップル純正メモアプリがいい感じに進化してきたので、今現在はこれを愛用。というところですね。ネットの噂でCatch Notesのスタッフはアップルに吸収された的なことを読んだことがあるので(出典不明)、自分的には純正メモアプリはCatch Notesの後継だと思って使ってます。使い勝手はまったく違うけど。

ところで最近Notionというアプリ / ウェブサービスに興味を持って、使ってみたらこれはこれで良さがある。特にスプレッドシートの各行(データベースの1エントリー)からそれを膨らませたテキスト&画像のメモページを作れるのが素晴らしい。例えば興味の一覧を見通しのいいスプレッドシートでざっくり作って各項の詳細はメモページへ飛ばすイメージ。

ただ情報整理オタクとしては、やはり情報の可搬性も重視したい。要するにいざという時に汎用性のあるデータ形式で書き出せるだろうかが気になる。Notionはその辺がまだ未成熟な気がしてちょっと躊躇はしてます。まぁたいした情報なんて書いてはいなんだけどw

今のところ結局一周回って純正メモアプリ かなー、なんて思ってる。

iPadとApple Pencilを活かしたメモアプリとしてNoteshelfも使っているけれど、これもよく考えたら純正メモアプリでも同等の機能はあるんだよね。

悩ましい。ひたすら悩ましい。

情報整理オタクは溜めた情報を活かすのではなく、情報整理の方法を模索して人生を終えるのでは、と思わなくもないですなw

タイトルとURLをコピーしました