【デジタルライフ】iPadOS14にするとPhotoshopで写真アプリから画像が読み込めない不具合が

スポンサーリンク
デジタルライフ

iPadOSを14にアップデートした。今のところ今までとの大きな違いや利便性の向上というのはあまり感じていないw ぬるいユーザーなので「おおー今までと全然変わったな!」みたいな機能がテンションが上がらないかも。

ところでちょっと不具合を見つけたのでメモ。当方の環境は下記です。
●2020年10月7日現在の状況です。
●iPad Pro 12.9インチ
●iPadOS 14.0.1
●Photoshop、Twitter純正アプリとも現時点で最新版

iPadのPhotoshopで写真アプリから画像が読み込めない

iPad版のPhotoshop(Creative Cloudのやつ)でブログのアイキャッチ画像とかも調整しているんだけど、今現在Photoshopからアップル純正写真アプリから画像が読み込めなくなっている。

「読み込み失敗。非対応のファイル形式。」というアラートが出る。

今現在のiPhone撮影画像のフォーマットは「.heic」というアップル独自のフォーマットで、写真アプリにもこのフォーマットで格納されているはず。まだiPadOSのアップデートとPhotoshopとの連携ができていないのかな。

写真アプリからファイルとして書き出した画像ならPhotoshopで読み込める

応急処置としては
●写真アプリ→共有→ファイルを保存 でiCloud上に保存。
●保存された画像は「.heic」でこれはこのまま。JPEG変換とかしない。
●Photoshopで画像読み込み→ファイル→ブラウズしてでさっき保存した画像を選択。
これで読み込める。

写真アプリとPhotoshopの連携不具合だね。多分次のどちらかのアップデートですぐ解消されるとは思うけど、これは不便。

Twitter純正アプリとアップル写真アプリの連携も怪しい

もう一つこちらも。Twitter純正アプリでアップル写真アプリの画像を選択しようとしても直近の画像が表示されない。ネットから保存した画像が数点並んでいるだけ。これも写真アプリ側の不具合かも?

応急処置としては
●写真アプリの画像を選択して
●共有→写真をコピー
●ツイート投稿画面にペースト
で問題なく使えるようだ。

解決を待つしかないですね。

タイトルとURLをコピーしました