【蒲田の日々】コロナ禍の中徐々に歯抜け状態になっていく街

蒲田の日々

蒲田西口の駅前、毎日通る道すがらにアドアーズというゲーセンがあって、コロナ休業から復活した後リニュールもして「頑張ってるんだな」と思ってたんだけど。先週通りがかったらまた内装をいじっているようで「なかなか動きが活発だなー」と思っていたら先週末で閉店だったらしい。オレ自身はゲーセンとかまったく行かないけどちょっとびっくりした。

蒲田西口には日本工学院という大きな専門学校があって本来若者もそれなりにうろうろしているはずなんだけど、コロナ禍で在宅授業になったんだろう、まったく若者を見かけなくなっちゃったからね。安い飯屋とかタピオカ屋とかそしてゲーセンとかは厳しかったんだろうね。秋になった今でもいつ学校に人が戻ってくるのかもわからない。そういえば日本工学院には一般人も入れるコンビニ兼イートインカフェもあったけど、春以降営業をやめてシーンとしてる。

ゲーセンが撤退して、この場所には何が来るだろう。結構面積は広くて元々パチンコ屋だった場所だけど、蒲田のパチンコ屋も飽和状態じゃないかな。この広い場所に飲食店や居酒屋というのも今の世の中じゃ現実的じゃないよなー。オレ的には蒲田から撤退してしまったサンマルクカフェが戻ってきてくれると日頃のカフェ需要の選択肢が増えて嬉しいんだけど。

グランデュオの中二階にコワーキングのコインスペースやタリーズができたばっかりだけど、ああいう新しい今的コンセプトのカフェ兼ワーキングスペースとかも期待しちゃうね。でも平日昼間の蒲田なんて日本工学院の学生以外は年寄りしかいないような気もするしねw

話変わって西口の線路側の日本工学院へ抜ける道。ここは元から雑多な飲食店街で、日本工学院が拡張してからずいぶん小規模になったけどまだまだ健在と思ってはいた。が、あの蕎麦の名店「そば新」は6月に閉店してしまい今やない。カウンターだけの小さな店だが24時間営業なので酒飲んで軽く蕎麦を食いたい時にほんと便利だったな。しかも蕎麦が美味かったんだよ。オレ的にはベスト蕎麦屋だった。惜しい。ほんとに惜しい。

そば新 (蒲田/そば)
★★★☆☆3.50 ■予算(夜):~¥999

そのそば新の先にある吉野家も現在休業中で今や駐輪場状態。蒲田西口にはもう一見吉野家があるので牛丼には困らないけど、これも寂しいね。

コロナ禍で人の往来も減ったけど、巨大な学校に生徒が通わなくなってしまったことで街がどんどん歯抜けになってしまっていくようだ。

タイトルとURLをコピーしました