Google AdSense申請のため「プライバシーポリシーと免責事項」設置など

WordPress

随分前にブログを作って申し込んだ頃と比べて、Google  AdSenseの申請にはいろいろ制約やしておくべき事が増えていて、ネットの情報を渡り歩いて念のためざっくり把握。「プライバシーポリシーと免責事項」を自分のブログにも固定ページを作り記述した。

自分の理解用メモとしてのエントリーです。正確で詳細な情報はググると参考サイトがたくさんあるのでそちらへどうぞ。

サブドメインでは申請できない

オリジナルドメインを取得して運用していないとダメらしい。
(大手のブログサービス以外では弾かれるとのこと)

運営者情報

「運営者情報も必要」として紹介しているサイトもあったので念のため記述しておいた。プロフィールとは別に簡潔に以下の2つ。

●運営者:ネット上の名前
●連絡先:「お問い合わせはコンタクトフォームから」にしてメールアドレスは晒さないようにした。

プライバシーポリシー

いきなり「お前のサイトのプライバシーポリシーを書け」と言われても何を書いたものやら、なのでいくつかの情報サイトを巡って何を書けばいいのかをざっくり理解してみた。

要するに「自サイト経由で取得した個人情報をどう扱うか」のルールを記す、ということですね。Google AdSenseへの申請にはこのページがあることが必須になっているようです。

雛形を準備してくれているサイトもあって、当ブログもいくつか参考に書いて(というかコピペで)まとめたが、やはり結局何が書かれているのかはわかっておきたい。大規模なサイトではさらに細かく書く必要があるのでは。

以下は何が書かれているのかを箇条書きで示したもので、このまま使えるものではありません。

個人情報の利用目的

●個人情報を入力してもらう場合があるが連絡等以外の目的では使わない

広告について

●第三者配信の広告(Google AdSense等)を表示するためにCookieを使用するけれど個人を特定するわけではない
●その他どこのアフィリエイトプログラムに参加しているかも明記

アクセス解析ツールについて

●アクセス解析のためにCookieを使っているが個人を特定するわけではない

コメントについて

●コメント等でIPアドレスを取得しているがスパム対策以外に使用しない

免責事項

プライバシーポリシーとセットで書いておくべきこと。「自分の責任の範囲外だよ」ということを記述。「クレーム除け」みたいな感じでしょうか。

●アフィリエイトで商品を紹介しているが直接販売しているわけではない
●商品についての責任は負わない
●購入についての判断は自分の責任で
●可能な限り正しい情報の掲載を心がけているが必ずしも正確性・安全性を保証するわけではない
●予告なく変更・削除することがある

著作権について

著作権を侵さないでね。また、自分も侵さないよ、という宣言。

●当ブログの文章・画像の無断転載禁止
●当ブログは他者の著作権・肖像権の侵害を目的としていない

リンクについて

こちらも念のため。

●当ブログはリンクフリー
●ただしインラインフレーム内での表示や画像の直リンクは禁止

まとめ

あたかも法律的なことを書いた文章を用意するような緊張感がありましたが、実際は当ブログのような個人サイトでは上記のような当たり前のことを記述しておけば大丈夫なようです。無事設置完了。

そしてGoogle AdSenseを申請しましたが、以外にも翌日にはあっさり通過し「準備完了」の表示が。うれしい。まだ収益を狙えるようなアクセスはまったくないですが、毎日AdSenseページを眺めては励みにします笑

タイトルとURLをコピーしました