[雑記]池上本門寺へ初詣

雑記

●2021年になった。冬休みに入ってすぐに突発的に慌ただしい出来事が起きてその疲れで大晦日の夜にちょっとうたた寝のつもりが、目が覚めたら年が開けていた。

●1月3日、遅ればせながら池上本門寺へ初詣。その途上の呑川沿いに養源寺というお寺がありちょっと寄ってみたら本堂の脇に「こんなところにCafe…?」という立て看板が。とは言えどう見てもカフェがありそうな雰囲気ではない。看板が示す矢印の方向、寺の住居の通用口をくぐり抜けると、なんと細い生活道路の脇にカフェが。「こんなところにCafe…」とうっかり声に出しそうになった。

●その名も「こんなところにCafe」。名前がそのまんま。しかしその店の作りは小洒落ていて、もっと気取った名でもいいような雰囲気。正月はテイクアウトのみなので珈琲を。380円。マイルドで優しい味。

こんなところにCafe (池上/カフェ)
★★★☆☆3.05 ■予算(夜):~¥999

●暖かい珈琲を啜りつつ池上本門寺へ。

●コロナ禍で人出は、例年より若干少ない程度かな。屋台は出ているがイートインスペースを設けるところはないので賑わいはさほど感じない。

●日蓮上人入滅の霊場なので古い歴史のある寺だ。この参道の96段の石段は自分が子供の頃(約50年前)に比べるとずいぶんヘタってきて凸凹が目立つようになってきたのを感じる。自分が生きているうちに改修して景色が変わってしまうのだろうか、あるいは後数十年はこのままだろうか。登る度に気になってはいる。

●本堂へお参りをしてからおみくじへ。おみくじ一本に対してもコロナ禍対策。手袋を渡された。

●吉。総体的にあまり溌剌としたことを期待できそうなことは書いてなかったが、一応、吉。

●東の空が白み、やがて朝日が差し込む、その明るさを待つ一年になるようだ。

●池上駅側の喫茶コロラドへ珈琲を。正月最初の珈琲をここで飲むのは20代前半くらいから続くているので、もう35年くらいの習慣になっている。喫茶店は落ち着く。いつもの正月は満席だが今日は平日の昼のようにのんびりしている。ドトールの系列(というかドトールの先輩にあたるチェーン)なのでドトールのWi-Fiが使えるのもありがたい。

●年末に起こった出来事の後処理であまり正月らしくない日々になってしまったが、去年の11月から新しい家族(猫)も増えている。心新たにこの一年を生きたい。

タイトルとURLをコピーしました